WindowsからMacに移行してちょっと困るポイントの1つがキーボード操作。
中でも文書入力中に困るポイントがdeleteキーがないところってところで
地味に困っちゃう人もいるようです。

ということで、今回はMacでもちゃんとカーソルより後ろにある文字がキーボード操作で
消せるんだよってことを紹介したいと思います。 


 



とりあえずエディタに文字を入力しておきます。

文字削除時のルール


20131124_01

上画を見ればわかると思いますが、カーソルを基準にして
カーソルより左の文字を消したい場合はbackspaceキーを。
 カーソルより右の文字を消したい場合はdeleteキーを押すのが基本です。

でも、Macにはdeleteキーがありませんよね。


20131124_02



MacではdeleteキーがWindowsでいうところのbackspaceキーの役割を果たしています。 


 では後ろの文字を消したいときはどうしたらいいのでしょう。
キーボードで操作したいなら fn+deleteキーで削除操作を行いましょう。


20131124_03
 

このショートカットでカーソルより後ろの文字を削除することができます。


でもなんだか個人的に違和感があるんですよね〜このショートカット。 


ということで、僕的にはいつもShiftキーを使ってます。


20131124_04


Shift + → で消したい文字を指定してそのままdeleteキーをぽんと押してます。
 
こっちの方が慣れたら文字入力が早くなる気がする〜。